生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 一度の掃除で徹底的に!窓の大掃除のポイント

一度の掃除で徹底的に!窓の大掃除のポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

窓の大掃除は最低年2回はしたいですよね。ここでは窓の大掃除のポイントを紹介します。

普段の掃除と比較して「大掃除のときにやること」

普段は特に掃除はしません。大掃除のときは、新聞紙や雑巾などで水拭きを行った後、から拭きを行います。窓拭きようのガラスクリーナーなどがあればとてもきれいになるので便利です。著者はガラスクリーナーを使って内側も外側も磨きます。

水洗いしたら、必ずから拭きなどでふかないときれいにならないので注意してください。

網戸

普段は特に掃除しません。大掃除のときは取り外して雑巾やブラシで掃除します。網戸のサッシは水洗いが一番ですが、ブラシや雑巾などでこすらないときれいになりません。水をかけただけで満足しないようにしましょう。

サッシ

普段は掃除しません。大掃除のときは水を流してブラシで磨くか、濡らした新聞紙で拭きます。室内のサッシも拭いてきれいにしましょう。使用済みの歯ブラシなどあると便利です。

違った掃除をする理由

窓は毎日掃除する習慣が著者の場合はありません。窓を掃除するのは年に2~3回程度。なので、掃除するときは徹底的にします。

窓の汚れは落ちにくくガラスクリーナーのようなものを使用します。ただ水ぶきするだけではきれいになりません。

窓の大掃除に関する注意点

2階の窓を掃除する時は身を乗り出さない

2階の窓は掃除するときに気をつけてください。身を乗り出して掃除するのは危険です。うまく窓をずらしながら掃除しましょう。

必ず仕上げにから拭きを

水やクリーナーを使って掃除した後は必ずから拭きする方がよりきれいになります。

おわりに

著者は毎回このやり方で掃除しています。掃除し終わった後は窓の外がきれいに見えすっきりします。ぜひおためしください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130621084732 51c394943e3f6

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る