生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 革靴の革を磨く方法

革靴の革を磨く方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

この靴を磨きたいと思います。お手入れの頻度は、履いた時間や場所によって、その日のうちに磨いたり、数回履いた後だったりと違いますが、「色落ちしてきた」、「艶が無くなった」と思ったタイミングで磨きます。

お手入れに必要なもの

  • 革靴
  • ラナパー
  • 柔らかい布(今回は、敗れたソックス)
ラナパーとは、蜜ロウ、ホホバ油などの天然素材100%の革用トリートメントです。

お手入れの具体的な手順

STEP1:埃をはらう

布で、さっと拭き、靴表面の埃を払います。

STEP2:ラナパーを使う

よく伸びるので、少量つけて(薄っすら白く付く程度)、丸く円を描くように靴に塗ります。

STEP3:STEP2の作業をさらに2回繰り返す

STEP2の作業をさらに2回繰り返します。もう一方の足の靴も同様に磨きましょう。向かって、右側の靴が、塗り終えた後です。

ラナパーには、塗るだけで「汚れ落とし」「ツヤだし、保護」「撥水効果」「カビを生え難くする」があります。無色なので、色柄を選びません。革が柔らかくなります。
高級な革製品で色止めをしていないような革は、変色したり、艶が落ちたり、色が濃くなる場合があるので注意してください。
スエード、バックスキン、ヌバック、セーム革など起毛した物には使用しないで下さい。
必ず目立たない部分で試して、2~3日置いて様子を見て確認の上ご使用下さい。ブランド品に関しては、ラナパーをご使用になる前に大丈夫か調べて、自己責任でご使用下さい。

STEP4:乾拭きする

柔らかい布でさっと乾拭きして、余分なラナパ-をふき取ります。

仕上がり完了!

キレイに仕上がりました!

おわりに

革製品はお手入れ方法によって雰囲気が全く変わります。著者はラナパーと出会ってから革製品のことが一段と好きになりました。大事に自分好みの革に仕上げて長く楽しみたいと思います。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130621092523 51c39d7358907
  • 20130621093229 51c39f1d356c2
  • 20130621093612 51c39ffc09d6c
  • 20130621093741 51c3a0557fc45
  • 20130621094443 51c3a1fb18324

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る