生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. [やりましょう]の意味と使い方

[やりましょう]の意味と使い方

2010年11月26日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

今年のネット流行語のひとつとして挙げられる「やりましょう」という言葉、ご存知でしょうか。

今回は、この言葉についてご説明します。

「やりましょう」を流行らせた人は?

ソフトバンク株式会社の孫正義代表取締役社長です。

どうして流行ったの?

2010年に会員数が大幅に増加したTwitter(ツイッター)上で、主にソフトバンクを使う、または使いたい消費者からの改善要望や希望事項を受け、「やりましょう」と答えた事から。

そして、実際に、改善やサービスの提供が行われ、「孫さんはやる人だ」と高評価を受け、尊敬の意も込め、一般にも使われるようになった。

ちなみに、浜崎あゆみさんがtwitter上で、孫さんに「CMに出たいです」とつぶやき、孫さんの「やりましょう」の一声で、浜崎さんのソフトバンクCMへの出演が決定したこともありました。

使い方は?

実際に使われた例としては、「ソフトバンクの電波が入りにくいんですけど」という言葉を受けて、改善しましょうの意を込めて「やりましょう」というもの。

企業の社長や関係部署の人などが使うことも多い。

なかなか厳しい状態だけど、やってみようというような時に使用する。

「最近、全然飲み会やってないけど、幹事やってくれない?」「来週まで、激しく忙しいんだけど…わかった、やりましょう」など。

おわりに

企業などには消費者の声が届きにくかったり、なんらかの改善にも時間がかかったりするイメージがありましたが、、孫さんの「やりましょう」→改善のスピードは目を見張るものがありました。

多くの企業や経営者が、問題解決のスピードの大切さを実感したのではないでしょうか。

この決断と実行力、孫さんの尊敬する坂本龍馬の影響かもしれません。

現在、孫さんが「やりましょう」と宣言した案件の進捗については、以下で確認することができます。

孫さんのやりましょうの進捗

本記事は、2010年11月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る