生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ネット上の架空請求が来た時の危機回避術

ネット上の架空請求が来た時の危機回避術

2010年11月26日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

世界中で誰でも使えるインターネット上にあって、時に身に覚えのない架空請求やワンクリック詐欺に無意識に引っかかることもあるかもしれません。

言わずもがな、全てのサイトが危険なわけではありません。

しかしふとした誘惑につけこむよくある罠として芸能人のパパラッチによる画像・動画を見たいという罠にまんまとはまり、画像のリンクをクリックすると・・・

なんととんでもない額が!なんていう事態が多発しているようです。(引っ掛けリンクに多い芸能人や有名人の名前は結構有名ですが個人名は誹謗中傷になりかねないので、ここでは載せません)

そんな時にまずあわてずに無事に対処する方法などをご紹介します

まず引っかかる前に回避する

基本的に自己責任ですが、18禁表示のあるサイトではどこに隠れ闇リンクが潜んでいるかわからないのでそれだけは忘れないようにしましょう
  • アダルト関係のサイトは一切閲覧しない・開かない

これができる人には架空請求なんてまず降りかからないはずです。ただ、中には「芸能人の裏情報」をうたって隠れてそういったリンクを貼っているブログが沢山あるので、要注意です

  • 定期的にセキュリティソフトを更新しておく 基本ですね。市販やマイクロソフトのセキュリティソフトには最新のウイルス対策機能がついていますが、常に更新をしていない限り意味がないので気をつけましょう

は!気づいたら架空請求が!そんな時の回避法

さて、改めてここでもし身に覚えがないのに架空請求の表示が消えない、なんて事態が起きてしまったら、まずあわてずに起きていることを落ち着いて把握しましょう

まず、きちんとした購入意思がないのにもかかわらず、高額な金額を請求するのは明らかな違法です。業者から電話がかかってくるこもないので落ち着いて対処しましょう。

間違ってもあなたに支払いの義務はありません!!今後も業者に付け込まれてしまいます
ここでいくつか手法を載せますが、ひとつの手段ではウイルスが消えるとは限らないのでまずは全ての方法を試してみましょう

まずはあせらずネットの回線を切る

ウイルスにPCをのっとられてファイルなどの情報を全て書き換えられてしまう前に、まずはネットの回線を切断・遮断し、起動中の全てのアプリケーションを終了させましょう

わからない場合は自分で判断せず最寄の消費者生活センターに問い合わせてみましょう

これからはある程度のPCの知識が必要になります。もし操作に自信がない場合は、下記の連絡先などプロバイダや最寄の消費生活センターにすぐに問い合わせしましょう

緊急消費者被害情報 | 東京都消費生活総合センター

請求表示プログラムを消すステップ

最近はPCに請求の表示が出て何度消しても再表示されるというパターンが多いようです

  • スタート→ファイル名を指定して実行→msconfig.exeと入れて「スタートアップ」タグをクリック、そこにあるmshtaのチェックを外します

  • タスクマネージャを開き架空表示を消す Windowsならほぼ同じなのでまずはこれを試してみてください。「Alt + Ctrl + Delete」で立ちあがります。

アプリケーションのタブでwwwで始まるものを探してクリックし、タスクマネージャーの右下にある「タスクの終了」をして終了させます。

表示されるダイアログボックスに「応答していない○○.exe(or dll or bat) を終了します」と書いてあるので「すぐに終了」を押す前にそのファイル名を控えて下さい

  • 次にプロセスのタブを開きます。その中から「mshta.exe」や「プロセスの終了」をクリックします

ウイルス(架空請求)の本体を消す

表示は消しても本体が残っている限り、また再表示される可能性も有り得ます。そこでPC内のファイルやフォルダから「.hta」のつくものを検索します

  • やり方:スタート⇒検索⇒「ファイルとフォルダすべて」⇒「ファイル名のすべてまたは一部」に「.hta」と入力する

「ファイルに含まれる単語または句」は空白のままで「探す場所」
⇒「ローカルハードドライブ」「システムフォルダの検索」と「隠しファイルとフォルダの検索」「サブフォルダの検索」⇒検索実行

(ほぼこのファイルにあるようです「c:\Documents and Settings\○○○\Application Data」)

  • そのフォルダ内に「movie.hta」など怪しいファイルがあれば削除してしまいましょう

レジストリから削除

本体を消したら今度はPCの内部をお掃除します。そこでスタート⇒「ファイル名を指定して実行」⇒regeditと入力してOKをクリック

これは上級テクなので、ファイルを消す場合は自己責任で慎重に行いましょう。わからない場合は恥を捨てて身近のPCに詳しい人に処理してもらいましょう

  • 「編集」から「検索」を選ぶと検索窓がひらくので、「movie.hta」など怪しいファイル名を入力して検索。

検索されたものを削除すればOKです

  • 「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run 」の「~backf/XXXXXXXXXX.hta」という文字列が最後にあるものを削除すると消えたという事例もあるようです

ワンクリック詐欺には下記の駆除ツールもおすすめです

ワンクリウェア駆除ツール

おわりに

ここで紹介したのはあくまでも架空請求に対処する手段の一つにすぎません。

上記の方法を試してみてもダメな場合は、まずは落ち着いてプロバイダや消費生活センターに通報してみましょう。

本記事は、2010年11月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る