生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. イメージを伝える手段!情報誌でリノベーションに関する情報を得るコツ

イメージを伝える手段!情報誌でリノベーションに関する情報を得るコツ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

リノベーションは大規模な工事になります。そのため、情報、知識を集めることが、とても大切です。集める手段の1つに、情報誌があります。その情報誌を使って、リノベーションに関する情報を得るコツをご紹介させて頂きます。

筆者が利用した情報誌

どのような使い方をしたか

増築をする予定だったこと、家全体の壁紙を変えてイメージを変えようと思っていたこと、以上の理由により、家族と家のインテリアのイメージを決める必要がありました。

そのため情報誌の写真を沢山見て、主人、筆者、息子、それぞれの好みのインテリアのものを探し見せ合いました。何度も話しあい、どんなインテリアの家にするか決めていきました。

情報誌を役立てるための筆者なりのコツとその詳細

コピーをとる

何冊も沢山の情報誌を購入するとお金がかかります。そのため、筆者は図書館をよく利用しました。図書館で借りてきては家でコピーをしていました。その際必ず家族にも見てもらって、いいという意見が出たページをコピーしました。

また、筆者は図書館で借りた情報誌だけでなく、購入した情報誌もよくコピーしました。リノベーションの打ち合わせが始まると、打ち合わせ場所に行く際に情報誌をたくさん持っていくのは大変です。そのためあらかじめコピーして行くようにしていました。

ファイル化する

リノベーションの場合、水回り、リビング、基礎工事関係、壁紙など、多岐にわたって情報が必要となります。また、それぞれの情報量も集めていくうちに膨大になっていきます。

そのため、分けてそれぞれファイリングすることがとても大切です。コピーなどを分けてファイリング化しておけば、業者などに見せる時も出してきやすいのでとても便利です。

情報誌の情報を使うことによって、どんなアクションにつながったか

イメージがつかめる

写真を見ることでインテリアのイメージをつかむことが出来ました。

メーカー名からショールームを訪れることができる

写真の中で使われている壁紙や、床材など、メーカー名が載っていることがあるので、そこから発展してショールームへ行くことにもつながりました。

情報誌のメリット・デメリット

メリット

情報をコピーしてファイリング化しておくことで、いつでも思い出した時に見ることが出来ますし、人に見せたときにイメージを伝えやすいです。

デメリット

図書館に欲しい本がない場合も多々あります。その場合仕方なく購入する事になるのですが、こういった情報誌は値段が高いです。リノベーションで節約すべき時にお金を使うことになるので、それがデメリットだと思いました。

使ってみた感想

情報誌は綺麗な写真が沢山で参考になりますが、何よりも参考になるのは色だと思いました。

色は、口で云って表現したり、伝えたりすることはとても難しいです。

微妙な色合いの壁紙や、ペンキ、タイルの色などを望んでいる時は特にそうです。写真と実物も微妙に違いはありますが、こんな色が好きということは伝えられると思います。

おわりに

情報誌は、他の人に、自分のもっているイメージを伝えるための手段だと思います。それを上手に利用して役立てられますことを願っています。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130617091918 51be5606e3d13

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る