生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 魚と合わせる!水草を選ぶポイント

魚と合わせる!水草を選ぶポイント

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

観賞魚を飼っていると、何もないと寂しいので水草をよく水槽の中に飾りますね。

しかし、水草は色々な種類がありどれを選んだらよいのか分かりにくい、という方もいるのではないでしょうか。ここでは水草の選ぶポイントについて紹介します。

著者のアクアリウム

著者のアクアリウムは、寂しい感じですがこれからどんどん増やしていきます。水槽内には、コリドラスとメダカとヤマトヌマエビがいます。

著者の水草

アマゾンソード

著者は「アマゾンソード」という水草を植えています。この水草は南米原産の水草で、多くの南米原産の熱帯魚と相性がとてもいい水草です。

また、サイズが大きいので、これを1つ植えるだけでとても存在感があり気に入っている水草です。

アナカリス

写真の写り具合がよくありませんが、この水草は以前水槽に入れていたもので「アナカリス」といいます。この水草は、日本の川に生えていてメダカとの合性もいいです。

成長がとても早く手入れを毎週しないと水槽がアナカリスだらけになってしまいます。

水草を選ぶポイント

水草を選ぶとき、何も考えずに適当に選ぶと後で後悔することになります。そのため、しっかり自分なりのポイントを持って購入しましょう。

下記たは、著者が考えているポイントを紹介します。

1:魚との相性

魚は暖かいところの生物なのに、水草が寒いところのものでは、温度管理が上手く行かず、それぞれダメになってしまいます。

魚も水草も同じような環境で育つものを選びましょう。

2:葉の色

葉の色が黄色いものは避けた方がよいでしょう。そういう品種であれば問題はありませんが、普通の状態が他の植物のように緑色のものであれば、日光が足りていなく枯れかけている状態のものです。

このような水草は植えてもすぐに枯れてしまいます。

3:葉の形

葉の形ができるだけ均一なものを選びましょう。そちらの方がバランスがよく見栄えがいいです。

4:サイズ

買う時に自分の水槽が目の前にないため、買ってきた水草を入れたら大きすぎたという話はよくあります。

自分の水槽のサイズをしっかりチェックして買いに行きましょう。

5:水槽の環境

水槽の環境は水草に大きな影響を及ぼします。そのため、暗い所に水槽が置いてある場合は暗い環境でも育つ水草を、明るい所の場合は強い光りがあたっても平気な水草を選択しましょう。

選ぶときの注意点

時々、売られている水草にスネールという小型の貝などがついていて、水槽に入り繁殖してしまうことがあります。著者も一度経験があり、とても大変な思いをしました。

購入前には水草に貝がついていないかチェックし、また、購入してから気がついた場合は、その貝を取り除いて水槽に入れましょう。

おわりに

水草は、水槽に1つ置くだけで印象が変わり、アクアリウムの楽しみの1つです。

楽しく飼育するために、この記事などを参考に勉強してから始めましょう。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130613195755 51b9a5b3eb0ce
  • 20130321200509 514ae9657e113
  • 20130326163723 515150333d9d4

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る