生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 職場での飲み会で失敗しない為の席順の決め方

職場での飲み会で失敗しない為の席順の決め方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

職場の飲み会で結構大事なのが、席順です。もちろん上司にも気を使わなければいけませんし、みんなが楽しめるように考えなければいけません。筆者が毎回幹事を務めたときに注意しているポイントを、ご紹介します!!

著者が幹事を務めた飲み会について

飲み会について

  • 時期:12月
  • お店・席:居酒屋の25名入る個室
  • 参加者:同じ部署の20名(内、部長1人)
  • 会費:一人3500円でコース料理と飲み放題
  • 飲み会の主旨:部署の忘年会

幹事になったきっかけ

食べ歩きや飲みに行くのが好きな筆者は、毎回のように幹事を任されています。上司に指示されるので断れずずっと続けています・・・。

「これはやってはいけない!」席順の決め方のポイント

ポイント1:上司を下座に座らせない

飲み会だからみんな楽にして言いと上司に言われても、やはり気は使わなければいけません。目上の人に上座に座ってもらうのは基本中の基本です。トイレが近いから入り口側でいいと言われても、最初は上座に案内しましょう。

ポイント2:男女で席を分けない

男性と女性を分けてしまうと、話が同性同士で固まってしまいます。普段話しをしないもの同士でも、こういう席で打ち解けることもありますので、男性女性とは分けないでばらばらの方がいいでしょう。

女性は飲んでいても男性のお酒をついであげたり、料理を取り分けたりなどの気が利きますので、配分よく分けたほうがいいでしょう。

ポイント3:仲の良いもの同士ばかりで集めない

普段仲良くしているもの同士はわかるはずです。そういう人ばかり集まった場所を作るのはやめておきましょう。

なぜかというと、仲の良い人同士は良いですが、他の人が話しに入れなくなる可能性があります。上司以外は、年齢や性別に関係なく席順を決めると、仲の良い人同士でかたまることは少なくなるでしょう。

ポイント4:遅れてくる人は奥の席にしない

中には仕事で遅れて参加する人もいるでしょう。そういう人の席は入り口側にしておきましょう。

個室の場合、座っている後ろは狭い場合が多いですよね。みんなによけてもらい、奥まで行くにも気を使いますし、飲み物をこぼしてしまう場合もありますので気をつけておきましょう。

出来れば上司の近くには話が上手い人や、口がたつ人を座らせるほうがいいです。上司の機嫌が悪くなると周りが気を使わなければいけません。

おわりに

筆者はいつもこの4点をポイントに席順を決めていますが、あまり話さなかった人同士が仲良くなったり、飲み会の間は上司の機嫌がいつも良いなど、と成功しています。ぜひ、今から幹事になる人に参考にして頂きたいです!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130605130325 51aeb88d924b4

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る