生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 小さいものを取り出しやすく!引き出し整理術

小さいものを取り出しやすく!引き出し整理術

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者が実践している、クリップなどの細かいものを取り出しやすく収納する方法をご紹介します。

必要なもの

しきりになる箱

例では不用品をリサイクル利用するために綿棒ケースを多く使用しましたが、円形のケースは引き出しにデッドスペースができてしまうので、購入する場合などは四角い箱をおススメします。

引き出し整理のポイント

引き出しの高さに合った箱を利用する

引き出しの高さよりやや低めの箱を選びます。

引き出しの高さに対して浅すぎる箱だと収納できるものが少なくなってしまいます。また、引き出しの高さギリギリの箱では引き出しの出し入れがしにくくなります。

綿棒ケースなど円形のケースの場合、写真のようにデッドスペースができてしまいますが、スペースに合えばスティックのりなど縦型のアイテムを収納することもできます。

箱の中にはすぐに取り出せる状態で入れる

クリップや絆創膏・薬などもともと箱に入っているものは、箱から出してから収納すると、引き出しを開けたらすぐに取り出すことができます。

1回に2錠飲む薬は2錠ずつに切り分けておくと便利です。

ホチキスの芯など使用度が低くバラバラになりやすいものは、箱のまま収納します。

箱の中には余裕を持って入れる

ぎっちり入れてしまうと指で持ち上げにくく、取り出しにくくなるので、お目当てのものがサッと取り出せるように、余裕を持って入れます。

使用頻度の高いものは手前に、低いものは奥に収納すると便利です。この引き出しの場合、家族で一番使用頻度が高いのは手前に入れたポケットティッッシュです。ポケットティッシュだけを出すなら、引き出しを少し開けるだけでOKです。

整理された状態を維持するコツ

特に家族で共用のものを収納する場合には、ひと目で何がどこにあるのか分かりやすいように収納します。ひと目で分かりやすい収納なら使用後に戻しやすくもあるので、整理された状態を維持しやすくなります。

ひと目で何がどこにあるのか分かりやすいように収納するには、物を縦に重ねないようにします。重ねて収納すると、下にあるものが見えなくなってしまいます。上から見たときにすべてのものが見えるように、立てて収納できるものは立てて収納したり、横からも見えるように透明のケースを利用するのがおススメです。

注意点

小さな子供でも手が届く引き出しには、薬や危険なものは入れないようにしましょう。

週に1度程度、掃除のついでなどに引き出しの中を確認し、補充する必要のあるものを追加するようにすると、知らない間に中身が無くなっていて慌てることがなくなります。

おわりに

参考にしていただけると嬉しいです。

(photo by足成 )
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130612082222 51b7b12e983c4
  • 20130612103324 51b7cfe4b6055
  • 20130612103406 51b7d00e6f2e3
  • 20130612184806 51b843d6eb84b
  • 20130612103438 51b7d02ebdd1b
  • 20130612103456 51b7d0406ba35
  • 20130612103539 51b7d06b8a91c

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る