\ フォローしてね /

架空請求の対処法

気づかぬうちに怪しげなサイトで変な画面が…ということをよく耳にしますが、そうなってしまった場合どう対処すればいいか紹介します。

心当たりのないものは無視する

帰宅してみると突然一通の郵便がポストに…『支払わない場合には裁判上で解決する』や『強制執行をかけることになります』という文言が記載されていると思います。

その他に『信用情報機関のブラックリストに登録する』という脅し文句のような記載がある場合もあるようです。

しかし慌てずに対処しましょう。いったん支払ってしまうと回収はほぼ不可能です。さらに、その支払いにより新たな架空請求を受けてしまうケースも少なくないようです。

親族の名を騙って請求される場合もありますが、本当かどうか、その事情を確認する意味も含め、そのご親族の方へ連絡してみて下さい。

架空請求は無視を決め込むのが鉄則ですが、まれに簡易裁判所からの督促状が届く場合があります。そのままにして放っておくと債務が確定し、身に覚えのないものでも支払い義務が生じます。この場合は、弁護士さんや相談センターなどに相談しましょう。

個人情報は命です

こちらからは、記載されている連絡先へは絶対にコンタクトを取らないで下さい。また、相手方の悪徳業者から連絡があった場合にも、個人情報は一切明かしてはいけません。

本来、相手方は重要な情報は一切持っていないので、それを聞き出すのが目的です。相手方が何らかの形で個人情報を取得し名前や勤務先を知っている場合でも、それ以上の情報を与えないようにして下さい。

そもそも個人情報が悪徳業者に流用されていなければ、架空請求は発生しません。したがって、多少の個人情報は知られてしまっているのが普通です。

架空請求の原本は保存しておく

あまりにも悪質な場合は犯罪になりますので、最寄の警察等、専門的に対処を行っている機関へ相談して下さい。不安だからこそ誰かに話を聞いてもらいましょう。

請求の内容を確認する

法務大臣により許可された業者は、アダルトサイトや出会い系サイト、テレクラ、ツーショットダイヤルのような利用料金を請求する事はありません。

有料番組未納料金・電子消費者契約通信未納利用料のように、難しそうなそしてあたかも存在しそうな名目で請求をかけてくる場合もありますが、騙されてはいけません。

督促の手段を見極める

様々な手口が横行していますが、法務大臣の許可を受けた業者が、以下のような方法により督促等を行う事はありません。

目隠しシールのないハガキ、電子メール、携帯電話からの督促

 

連絡先の欄に多数の電話番号が列挙されている

 

請求書面で担当者の連絡先として、携帯電話が指定されている

 

振込先の口座が個人名義になっている

以上のような場合には、架空請求であると断定してほぼ間違いないと思われます。
 

このように様々な角度から検討する事により、たいていの場合は見破る事が可能ですが、まれに実在している債権管理回収業許可会社の名を騙った手口も見られます。

おわりに

ネットでは、いろいろな情報が手に入りますが、危険も伴います。十分に注意して楽しみましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。