生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 元ボーカルが教えます!ライブパフォーマンスの魅せ方

元ボーカルが教えます!ライブパフォーマンスの魅せ方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

バンドでステージに立って演奏するにあたって大事なのは、演奏力はもちろんのこと、どれだけ上手く観客に印象付けるパフォーマンスが出来るかです。

歌が上手くても、演奏が上手でも、ただ立って演奏しているだけでは観客は満足しません。こちらの記事では、著者がバンド活動をしていた頃のライブパフォーマンスについてお話しします。

どんなパフォーマンスをするべきか

バンドの方向性を決める

まず、そのバンドがどんな音楽をやるのかが固まっていないと、パフォーマンスは決まりません。元気なガールズロックをやるのであれば、元気さが伝わるように演奏中にぴょんぴょんジャンプするのも可愛らしいですし、ハードなメタル系の音楽をやるのであれば、激しく頭を振るヘッドバンギングは欠かせません。

体全体で自分のバンドの音楽を表現しましょう。

動き方をメンバー間ですり合わせる

方向性が決まったら、細かい動き方をメンバー間で決めましょう。

ギターとベースがメインの間奏ではボーカルは中央からはけて、ギターとベースが中央で向かい合って演奏することなどは、観客から歓声が上がりやすいです。コミカルなバンドであれば、メンバー全員で全く同じ動き方をするのも面白いです。

コピーバンドであれば、原曲を歌っているアーティストのライブ動画を見ながら研究するのがおすすめです。考えるだけでは難しいと思うので、You Tube などの動画サイトでプロアーティストのライブをたくさん見て参考にしましょう。

パフォーマンスのバリエーションが考え付かないときは、プロからアイデアをもらいましょう。

MC・メンバー紹介

MCの時間は、趣味ではなくプロ志向でバンドをやっている人にとっては非常に大事です。バンド名だけでも覚えてもらう必要があるからです。MCでどれだけ印象に残ることが言えるかが勝負なので、ネタ仕込みはしっかりとしておくべきです。

また、メンバー紹介はMCのときにやっても良いのですが、著者がバンドをやっていた頃に好きだったのは、曲の最中にメンバー紹介を行う方法でした。

曲の間奏でそれぞれのパートのソロを入れ、それに被せて「ギター、○○!」と各メンバーのパート名と名前を呼んでいました。これもなかなか盛り上がるのでおすすめです。

その他、バンド演奏でのライブパフォーマンスの注意点

本番でのパフォーマンスで気をつけないといけないことは、ステージの広さです。ステージが想定よりも広い分には全く問題は無くむしろ嬉しいくらいなのですが、想定よりも狭いとかなり困ることになります。

派手なライブパフォーマンスをする場合は、あらかじめライブ会場の下見に行ったり、ネットで情報を集めたり、その会場で演奏したことのある人から情報を得たりしておきましょう。

せっかくのパフォーマンス練習を無駄にしないよう、事前にできるだけの準備は必須です。

おわりに

慣れていないうちは、どうやってライブパフォーマンスをすればいいのか、何をすれば観客がノッてくれるのかが分からず、試行錯誤すると思います。著者も趣味の範囲ながら4年以上バンドをやっていましたが、まだまだ良いパフォーマンスはできたはずだと思っています。

この記事が少しでも一生懸命バンドをやっている皆さんの参考になれば幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130610154639 51b5764fb176a

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る