生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 結婚前の両家顔合わせ食事会のやり方

結婚前の両家顔合わせ食事会のやり方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

ここでは、著者が実践した結婚前の両家の顔合わせ食事会の体験談をお話したいと思います。これから、顔合わせ食事会をする方の参考になれば幸いです。

両家の顔合わせ食事会の準備

顔合わせ食事会をすることにした経緯

著者達が顔合わせ食事会を企画したのは、結婚式の日取りや式場が決まった後でした。これからいよいよ具体的な準備を進めるために、お互いの家同士、顔を合わせておいた方がいいだろう、という義父母の提案でした。

日時や場所の決め方

食事会は、式の約4か月前の日にちにしました。義母の友人が働いている懐石料理のお店の個室を、義母がその友人を通じて予約しました。

下見は、特にしませんでした。平日の夜が空いてていいだろう、という義父母の提案で、平日の大安の日の夜に食事会を企画しました。

婚約記念品・お返しの選び方

婚約指輪は、式場内の指輪の販売コーナーで2人で選んで購入しました。著者がインターネットで「婚約記念品のお返し」と検索し、実際にプレゼントされた方の体験談が載っていたので、自分も「スーツ券」を選びました。

顔合わせ食事会当日

会場費、食費の支払い

今回は、夫の家が企画した形だったので、当日の食費は夫の家がすべて払ってくれました。会場費は特にかかりませんでした。

出席した人と席の座り方

出席したのは、夫の家から夫と義父母、著者の家から父母、弟、妹と著者の計8人です。

席は入口を背にして、左側に著者の家族が座り、右側に夫の家族が向い合わせに座りました。左側は奥から、父、母、妹、弟の順で座り、右側は奥から義父、義母、夫、著者の順で座りました。

当日の服装

夫だけ仕事帰りだったのでスーツでしたが、私はワンピース、妹や弟はジーパンで参加しましたし、服装は自由でした。義母も私の母もパンツスタイルで、父と義父もズボンにジャケット姿、とラフな感じでした。

結婚記念品の交換

食事会が始まって、挨拶のすぐ後に、婚約記念品の交換をしました。夫から著者へは婚約指輪を、著者は夫へ「スーツ券」をプレゼントしました。

婚約記念品の交換をしているところは、デジカメでしっかり記念撮影しました。

当日の流れ

当日は、義父が食事会の司会をやってくれました。流れとしては、両家で簡単な挨拶を交わし、婚約記念品の交換をして記念撮影した後、会食に移りました。

2時間ほど歓談し、最後に働いていた義母の友人に声をかけ、全員で記念写真を撮ってもらいました。その後、お店の前で解散になりました。

食事会での話題

基本お互いの両親が、互いに話題を振って歓談していました。著者の弟や妹は、「お姉ちゃんのどこを好きになったの?」など夫に話を振っていました。

後日、著者や夫から、自分達の馴れ初めや互いのどこを好きになったのか、など著者達から両家にちゃんと話題を振った方が良かったのかな、と少し反省しました。

おわりに

食事会の場所などにもよるかと思いますが、両家であらかじめ情報を共有しあい、段取りさえきちんとして臨めば、緊張することなく和やかな食事会が楽しめると思います。

また、当日は自分達から両家に話題を振るようにすれば、会話もスムーズにいくでしょう。素敵な食事会になることをお祈りしております。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130604153841 51ad8b71dc447

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る