生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ドル決済専用クレジットカードを作って海外WEBサイトで買い物する方法

ドル決済専用クレジットカードを作って海外WEBサイトで買い物する方法

2014年02月13日更新

 views

お気に入り

海外WEBサイトでの買い物

海外のWEBサイト(主に米国)でショッピングする時、当然ですが値段はドルで提示されます。日本人が日本でクレジットカードを作成した場合、基本決済方法は円のみです。
海外のWEBサイトで買い物をする場合はドルで支払う必要があるため、クレジット会社が提携している為替業者を通じて自動的に円への両替が行われます。この時の為替レートはその提携業者が開示する、(その時点の)為替レート(手数料込み)になっており、ニュースで取り上げられている為替レートが、$1=90円 だとしたら、大体 $1=92円 程度になるのが一般的です。

つまり海外のWEBサイトで買い物する場合は、以下の2点に注意する必要があります。

  • 為替変更手数料を余計にとられている
  • 為替レートを気にしながら買い物をする必要がある

上記の注意ポイントにとらわれずに買い物をするレシピを紹介します。

ドル決済専用のクレジットカードを作る

簡単に言うと、ドル決済ができるクレジットカードを作れば良いのです。いくつか方法がありますが、最もおすすめなものを紹介します。

1. SBIカードを作る
SBIカード

2. ドル決済サービスに申込む
ドル決済サービス

これだけです。

ただし、2. は住信SBIネット銀行に外貨普通預金の口座を作り、SBIカードの決済口座をそこにする必要があります。またその口座には当然ドルが振込まれている必要があります。
住信SBIネット銀行 外貨普通預金

SBIネット銀行の口座にドルを振込む方法

同口座にドルを振込むには、単純に同銀行で円→ドルへの両替を行うだけです。そこで気になるのが同銀行の為替手数料ですが、$1あたり9銭(2013年8月時点)と相場と比べても安くなっているのでここに一手間掛ける必要はありません。

住信SBIネット銀行 為替手数料

まとめ

上記をまとめると以下になります。

1. 住信SBIネット銀行で外貨普通預金の口座を作る
2. その口座に円を振り込んで、ドルに両替する
3. SBIカードを作る
4. SBIカードのドル決済サービスに申込む
5. SBIカードを使って海外WEBサイトでお買い物する

円高の時に円→ドルの両替をある程度まとめて行っておけば、よりお得に買物ができます。

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20091230112251

本記事は、2014年02月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る